2020/05/28

| もどる |

同じ青ではない
コミュニケーションというのは本当にこの歳になっても難しいものだ。自分ではわかっているはずでも、正確に理解していなかったり、あるいは自分がわかりやすく伝えて理解してくれているはず、と思っても、実は理解にかなりの乖離があったり……。

例えば、人によって視覚、色覚は異なる。
全く同じ成分である青色でも、人によって微妙に見え方は違っている。
だから同じ青でも、同じ青ではないのである。

したがって、同じ物事でも、とらえ方は人それぞれで多様性があり、理解のアプローチも全く異なる。
大切なのは、自分のことをわかってもらおう、ということが先になるよりも、相手のことをまず理解しよう、という姿勢なのかもしれない。
コミュニケーションはキャッチボールであり、Give & Take なところがある。相手をまず理解しようとすれば、今度は相手が自分のことを理解してくれるかもしれない。

そして、例えば、チームで仕事をする時、自分の感覚や理解を絶対と思ってしまうと、その瞬間に視野は狭まってしまう。
自分の経験則や思考からの理解しか生まれないわけで、ややもすると致命的な誤解を生み出すことにもなる。
だからこそ、チームの他のメンバーの視点も重要になる。自分も含め、それらが合わさることで、チームとしての気づき、多面的な見方というものを手にすることができる。これは一人ではなかなかできないことだ。

コミュニケーションについて、いろいろと思考を巡らせることになった、今日一日だった。


[WALK:5119]

|| コメントする || 人生行路 コラム |
ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て
うた
スポーツ
神道・神社
旅行
リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。


(c) 2021 Kappe INC.